我慢汁の正体とは|女性とセックスをする際には、我慢汁にも気をつけよう

女性とセックスをする際には、我慢汁にも気をつけよう

我慢汁の正体とは

ふさぎ込む女性

ではそもそも「我慢汁」とは、一体どういうものなのか?
我慢汁という言葉を普段使っていても、具体的に何なのかまったく知らない人は多いと思います。
あなたも我慢汁について詳しくどういうものか説明できないのではないでしょうか。

だからこそ今回はなんとなく普段使っている我慢汁という言葉の正体について迫っていきましょう。

まず我慢汁はよく先走り汁とも呼ばれたりしますが、主に男性が性的に興奮して尿道の根元にあるカウパー腺というところから出てくる体液をいいます。
カウパー腺液ともいいますが、これは尿によって弱酸性状態になっている尿道を、カウパー腺液というアルカリ性の体液が中和して精液が通りやすくするために分泌されるわけです。

さらにカウパー腺液は男性の尿道だけではなく、女性の膣内にも大きく影響します。
膣内でカウパー腺液は潤滑油の役割を果たしてくれて、膣内を中和させることが可能です。
つまり普段のセックスで必ず出てくる我慢汁は、より妊娠をさせやすくするための体液だということです。
ムラムラしたときに出てくるから我慢汁というわけではありません。

また普通の射精とは違い、我慢汁の放出は自分では一切気がつかないのも特徴です。
そのためトップでもお話したように、射精してないはずなのになぜか妊娠させてしまった…ということが気づかないうちに起こるわけです。
これからセックスをする人は、常に我慢汁の存在に注意しておかなければいけません。
妊娠させたいときにはとても役に立ってくれる存在ですが、そうでない場合においては我慢汁が厄介な存在になってしまいます。